+++++++++平成20年度活動記録(2008年)++++++++ 富山LRT ++++++++
 随時新着情報をアップロードしていきます。       
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
2008年12月26日 19時〜 役員会  於: はーとぴあ
出席者 小川会長 清水 杉浦 鈴木 横沢(祥) 横沢(圭) 室谷 北本 片瀬 渡辺※敬称略
討論議題
@来年2月1日のボランティアフェスタでの行動詳細・・1階でアンケート・チラシ配り・3階展示
A市議会議長あて要望書は来年になる。
B定例会を兼ねた新年会を1月8日に会長宅で開催、
C会員の松永さんからのケーブルTV 空き時間テロップ提案の件を報告・・嬉しい情報。
D第3回人と環境にやさしい交通をめざす全国研究大会in横浜の次回開催地は東京、来年は
 より多くのLRTで結ぶ会員の参加が望まれる。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
2008年12月11日 19時〜 定例会 はーとぴあ
出席者 小川会長 清水 杉浦 鈴木 横沢(祥) 横沢(圭) 室谷 山内 望月(正) 
梅原 栗山 渡辺※敬称略
討論議題@市役所への要望書提出経過報告
A)第3回人と環境にやさしい交通をめざす全国研究大会in横浜に参加して(小川・室谷・山内)
B2009.2.1のボランティアフェスタ参加内容・・・アンケート実施、レイアウト検討
※第3回人と環境にやさしい交通をめざす全国研究大会in横浜についての報告が
詳細に行われ、質疑応答にたいへんな盛り上がりがありました。
C次回の定例会は1月8日とのことで新年会を兼ねよう・・かと提案あり。詳細は会長に一任。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年12月3日アンケート調査結果を静岡市へ要望書として提出しました。
参加者:小川会長、室谷副会長、鈴木理事、横澤、山内、杉浦理事  敬称略
橋本、尾崎、遠藤各議員  同行者 清水商工会議所山本常務取締役
場所:静岡市役所都市局長室 時間:16時30分〜
内容:金井都市局長、小股都市計画部長、杉浦都市計画課長、
木村統括主幹、服部統括主幹、八木主幹と会合
最初に橋本議員より本日清水のLRTで結ぶ会よりの要望書提出の
趣旨説明の口火を切ってもらい、小川会長よりアンケート調査までの
経緯と調査方法との説明。アンケート調査結果及び要望書を室谷副会長が
説明提出。
金井局長の話として・・・・以前は費用対効果を基準とすることが
多かったがLRTについてはもっと中長期のスパンでの評価に変えてゆく
必要があると思う。
ついては、このアンケートを参考にしたい。清水の中心市街地は、清水駅、
新清水駅、ドリプラなどが転々としていてそれらをどう結ぶかが課題と思う
旧静岡の街と形態が違うので発想が違ってくると思われる。 
アンケート結果の中での市民が要望するルートもまとまったら見せて欲しい。
現在市としても、都心地区まちづくり、交通計画策定や総合計画策定中で
あり、そのような街づくりビジョンより新交通を総合的見地から考えていかねば
と思う。車への影響も相当あり付加価値を考えていかねばと思う。
現在清水区で実施中の巡回バスのように一箇所でも先行して走ると効果がある。
山本常務談:今後は経済界、民間(LRTで結ぶ会)と一体となって要望、運動
していきたい。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年11月28日 19時〜 定例役員会
出席者 小川会長 杉浦 鈴木 清水 室谷 北本 渡辺 ※敬称略
・議題@商工会議所との打ち合せ内容・・要望書提出時に常務さん同行していただける。
A12月6日(土)第3回人と環境にやさしい交通をめざす全国研究大会参加人数
B2009年2月1日ボランティアフェスタ参加内容の検討→次回定例会12月11日
C市役所への要望書提出について・・今回だけでなく何回も忍耐強く続けよう
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年11月26日 13時〜清水区商工会議所との会合
出席者 小川会長 清水理事 室谷理事 栗田市議(以上LRTで結ぶ会)
商工会議所から 杉山公一会頭 山本常務 飯田地域振興課長 金指会頭主査 ※敬称略
@LRTで結ぶ会の最近の行動記録、アンケート関係記録を提出しました。
A会談では早期LRT実現について前向きに行きましょう・・と話し合われました。
B地域活性化協議会の件など新しい情報ももらえました。(所用時 間1時間20分)                                             
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
2008年11月13日 19時〜 定例会 はーとぴあ
出席者 小川 杉浦 鈴木 横沢(祥) 横沢(圭) 室谷 伏見 山内 望月(正) 栗山 渡辺※敬称略
討論議題
アンケート結果報告と行政への要望書作成内容の検討。
@アンケートの答えてくれた約80%がLRTの導入を希望。
A上記をふまえ早期にLRTを清水区に導入してほしい旨を要望。
B今年の会報のプランと、横浜国大で12月に開催の都市交通会議の件。
C2009年2月1日参加予定のボランティアフェスティバルについて。
Dその他最近の話題についてフリートーキングが活発に行われました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008.10月25日
清水市民活動センター オープン2周年記念事業に参画し39団体がパネル展示出品をしました。
製作出品したLRTで結ぶ会のパネルです。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年10月24日 19時〜21時 10月役員会
参加者 小川尚・鈴木・片瀬・横沢祥・横沢圭・渡辺
・小川会長より、先日開催された福祉まつり反省会に出席した際の状況説明があった。
 福祉のまつりなのに、商品の安売りやバザー品の買取などを重視するような偏りがあった。
 もっと福祉を増進させるイベントに知恵をしぼるべき・・・との意見が多数あったそうです。
・回収した市民アンケートの結果統計中ですが、結果がでて報告書としてまとめるときに
 LRTで結ぶ会としての意見集約(路線の明確化を含む活動方針)を上奏したいので
 意見をまとめたい→次回の定例会議題です。
第3回「人と環境にやさしい交通をめざす全国大会」in横浜 からの手紙が会長あてに
 親展で着たとのことです。内容は開催日時が変更された件で、2008年12月6日10時から
 になりました。
また会場は横浜国大工学部棟 及び教育文化ホールです。
 詳細は→ http://www.areev.org/
・最近の市民生活とLRT関係情報に関する活発なフリーディスカッションが行われました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年10月9日 19時〜 定例会 はーとぴあ
出席者 小川 杉浦 鈴木 横沢(圭) 室谷 清水 梅原 望月(正) 山村 渡辺※敬称略
他1名(オブザーバー)(▲は新会員)               ▲    ▲  
討論議題
新会員出席のため、参加者全員自己紹介。
@福祉まつり、職人まつりの収穫、結果報告・・・アンケートが各催事合計で600枚以上回収できた。
A清水ネット2周年記念事業参加について・・パネル展示に参加
B自冶会アンケート回収遅れについて・・・清水区役所から2−3日待ってほしいと・・・。
CLRTと街の活性化等について、自由討論が活発に行われた。
D会報のプラン・アイデアを次回定例会までに考えてきてほしい。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 
2008年10月5日 9時〜15時 清水職人まつり
参加者 小川尚・杉浦・室谷・鈴木・北本・伏見・小川晶・和田・山内・梅原・渡辺
早朝6時30に小川会長宅にてテーブル、椅子、旗、アンケート用紙などをトラックに
積み込みました。 会場7時着、準備に1時間。天気も良く風も弱い絶好のお祭り日和。
アンケートに300名以上が次々と答えてくれ、新規入会希望者も4名ありました!。
小川会長の手料理ちらし寿司、和田さんの早朝6時からの手伝いと・・うれしい1日でした。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年9月28日 9時〜15時 福祉のまつり 参加
参加者 小川尚・片瀬・鈴木・清水・北本・横沢祥・横沢圭・伏見・安本・渡辺
早朝7時30〜準備を行い、野菜販売のサービスを行う。格安野菜の販売に際し
LRTアンケート用紙に記入した方から買っていただいた。集まったアンケートは
約300枚に達した。
 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年9月23日 富山LRT乗車見学ツアー
ツアー参加者 小川尚・小川晶・栗田・中澤・長瀬・鈴木・室谷・山内・北川・渡辺
早朝4:50清水を貸切マイクロバスで出発、東名高速・東海循環・東海北陸道を走り
10:50富山着  長瀬会員の手配でLRT見学・乗車・富山LRT鰍ノて説明会と工場見学
さらに、北前船の森家見学で富山の地元性を学習。清水着は22時。とても有意義な
ツアーが出来ました。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年9月11日 LRTで結ぶ会9月例会 はーとぴあ清水  19時〜21 時
出席者 小川 杉浦 鈴木 横沢(圭) 横沢(祥) 室谷 栗田 伏見 山内 片瀬 
清水 北本 渡辺※敬称略
討論議題
@中部サミット参加報告・・小川会長・杉浦理事
活発な12団体の問題提起や報告があった。当、LRTで結ぶ会で活動中の市民アンケート
について親身になってのアドバイスや問題点などの掘り起こしでたいへん有意義だった。

A富山LRT見学者の参加者確認・・・・・10名(小川尚、小川晶、長瀬、栗田、鈴木、室谷、
清水、山内、北川、渡辺
B連合自冶会へのアンケート依頼詳細・・・以下の9月8日の通り
C9月28日の福祉の祭りのデスプレイレイアウトや集合時間(8時30分)の取り決め
について詳細を議論した。当日の参加予定者は小川尚  鈴木 横沢(圭) 横沢(祥)
伏見 片瀬 清水 北本 和田 渡辺 の予定。
D既存パンフレットのFAX番号及びインターネットURLを変更するための上書き
ラベル張り作業を出席者が手分けして作業した。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年9月8日
本日10時、清水区役所まちづくり振興課にて
連合自冶会長さんの3役会に小川会長、室谷副会長、私(渡邉)にて出席しました。
(まちづくりに関して、たいへん活発な意見が飛び交っていました)
そんな中、事前に会員の皆様で作成していただいたアンケート用紙を
無事に手渡すことができました。
その際、事由説明として、発言の機会が与えられましたので
LRTで結ぶ会の活動理念を説明させていただき了承を得ました。
これで現在の清水区281町内会に男女各1部づつ計562部の
アンケート用紙が行き渡ることになりました。
アンケート結果につきましては来月10日が回収日になって
いますので、再度区役所まで受け取りに行ってきます。
ご期待ください。
参考: ある自冶会長さんのご意見
LRTなんて難しい英語なんて使わずに、次世代またはスーパー路面電車と
表現した方がわかり易くていい・・とのことでした。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年8月22日 LRTで結ぶ会 役員会 はーとぴあ清水 19時〜21 時
出席者 小川 清水 杉浦 鈴木 片瀬 横沢(圭) 横沢(祥) 北本 室谷 渡辺
アンケート用紙の製作、綴じ込み、袋詰め作業を分担して行った。
その後、会議議題は
@アンケートの確実な回収方法の具体策・・・25日に区役所まちづくり振興課と相談
A福祉のまつり参加の具体策・・・店舗割り当ては昨年と同じ10及び11区画
 スタンプラリーに参加する(アンケート提出者(大人)または子供はじゃんけん)に
 勝った人にスタンプを押す?
B9月23日の富山LRT見学についての現時点の報告
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年8月7日 LRTで結ぶ会8月例会 はーとぴあ清水 19時〜21 時
出席者 小川 杉浦 鈴木 横沢(圭) 室谷 栗田 北川(オブザーバー)渡辺※敬称略
討論議題
・市民アンケートの文面・形式・様式・書面の確定・・・A4で2枚 600部(1200枚)+200部
(200部は福祉の祭り他で使用)
印刷は室谷さん、装丁・袋詰めは8/22日19時より役員にて分業する。
事前に使用ロゴは渡辺、封筒は小川さん、カラーコピーは栗田さんが担当。
静岡市役所、清水区役所配達者は未定(8月末日までに決定)
・中部サミット参加について・・・4名確定について(小川・杉浦・鈴木・長瀬)
・延期になっていた富山LRT見学について・・9月23日実施。
現在の参加予定者・・小川、栗田、鈴木、清水、室谷、渡辺の6名※敬称略
当日の朝5時に清水出発〜富山10時〜14時〜清水19時帰着予定
参加費¥5000 前後  次回定例会の9月11日まで申し込み受け付ける。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年7月31日 アンケート活動について
7月31(木)に清水区役所のまちづくり振興課山梨主幹と小川会長を交えアンケートの具体的
配布方法、用紙の大きさ制限などについて打ち合せしてきました。
結果
@日程・・・毎月10日に自冶会長会があり、そこで説明し配布協力を得るためには
8日までにアンケート用紙を総て届けなければならない。
Aアンケート用紙の届け先・・・静岡市役所17階生涯学習推進課の各自冶会行きの棚が
 20ブロックあるので、区分けして入れておく。
B配布先数・・・281町内会で男女各2名を対象とした場合=562部
さらに、まちづくり振興課に30部を持参してほしいとのこと。合計592部、約=600部
※ アンケート用紙の大きさ・枚数制限はありません。
※ 少なくとも8月末までに印刷を完了し、封筒などを準備、仕分け作業の必要あり
参考 
20自冶会・・・・・辻地区 江尻 入江 浜田 岡 船越 清水 不二見 駒越 折戸
         三保  飯田  高部  有度  袖師  庵原  興津  蒲原
         両河内 小島
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++  
2008年7月25日 LRTで結ぶ会 役員会 はーとぴあ清水 19時〜21時
出席者 小川 清水 杉浦 鈴木 片瀬 横沢(圭) 横沢(祥) 北本 室谷 渡辺※敬称略
・8月23、24、25日の中部サミット参加について・・まだ連絡がない。
・福祉まつりの説明会に8/21出席片瀬さん。
・福祉まつりの際のアンケート方法等
・市役所都市計画課訪問の成果報告(小川会長)
・アンケート用紙の具体化(内容・印刷部数等)の結論は次回例会にて。22町内会。具体的にはまちずくりへ。
・第3回 人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in横浜の紹介 12月6日開催
・パソコン購入の延期保留
・次回役員会は8月22日
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年7月14日 静岡市都市計画課表敬訪問 (市議の栗田さんの段取りです)
面会者:都市計画部長小股氏、参与兼都市計画課長杉浦進氏 参事ほか
LRTで結ぶ会からは、小川会長 鈴木、清水、室谷、市議の栗田、尾崎(敬称略)でした。
主な内容:
・19年までに5ヵ年計画を行って、静岡市にオムにバスタウン実施(交通渋滞、大気汚染、交通事故の
増加などの都市問題を解決するために、バスをはじめとする公共交通機関の利用を促進し、環境に
やさしく、高齢者などの交通弱者にやさしいまちづくりを目指す)。
・これをさらに3ケ年延長(19,20,21)して、清水区にバス路線を敷いた。
・20年にはこれらの調査結果の報告があがる。
・これに鑑み・国からの援助、市の地域活性化協議会、市がどのように係わるべきか考慮したい。
・将来を見据えて意識改革に努める・・・井川地区などの遠隔地バス路線は廃止の方向。
最後に公共交通に対して積極的取り組み姿勢が評価できたとの小川会長談がありました。
帰路、環境部長にも面会、仕事の熱心さがよかったとのことです。 (聞き書き:事務局渡辺)
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年7月10日 LRTで結ぶ会7月例会 はーとぴあ清水 19時〜21 時
討論議題
・LRTで結ぶ会の推す路線の明確化を急ぐ。
・ふくしのまつり申し込みについて。
・市役所都市計画課訪問日程時間。
・今までのLRT勉強会について変更
・アンケート配布体制の具体化
・会報製作について
・富山LRT見学について
・次回の例会を特別に第一木曜日に設定した。8月7日19時〜とする。場所:はーとぴあ清水。
※6月末を持ってホームページ管理者が私(渡辺)になり、事務局員も小澤様から私に バトンタッチしました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6月21日 平成20年度総会開催(はーとぴあ)
小川会長の挨拶の後、8月の中部地区路面電車サミット参加、富山などLRT活躍地の視察、各種イベントに参加して
LRTの啓蒙活動に努めることを出席会員約40名にて確認しました。
また、総会後LRTについての長所、環境性能、全国の路面電車を紹介する講演が行われました。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
6月定例会は6月総会準備について話し合われました。
5月定例会では前出のアンケート内容に加えて写真展(博物館)や出前 講座などの
啓蒙活動意見が出された。
4月の定例会では啓蒙手段として、清水区自冶会を通してアンケートを 行う方法が
具体的になり、その内容を協議。
3月4日 小川会長は商工会議所のLRT勉強会参加
定例会1月、2月、3月の主な議題はLRTの啓蒙活動方法について話 合われました

++++++++++++++++++++++++参考議事録+++++++++++++++++++++++++++
議事録関係  2008年1月〜

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年8月22日 LRTで結ぶ会 役員会 はーとぴあ清水 19時〜21 時
出席者 小川 清水 杉浦 鈴木 片瀬 横沢(圭) 横沢(祥) 北本 室谷 渡辺
アンケート用紙の製作、綴じ込み、袋詰め作業を分担して行った。
その後、会議議題は
@アンケートの確実な回収方法の具体策・・・25日に区役所まちづくり振興課と相談
A福祉のまつり参加の具体策・・・店舗割り当ては昨年と同じ10及び11区画
 スタンプラリーに参加する(アンケート提出者(大人)または子供はじゃんけん)に
 勝った人にスタンプを押す?
B9月23日の富山LRT見学についての現時点の報告
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年8月7日 LRTで結ぶ会8月例会 はーとぴあ清水 19時〜21 時
出席者 小川 杉浦 鈴木 横沢(圭) 室谷 栗田 北川(オブザーバー)  渡辺
討論議題
・市民アンケートの文面・形式・様式・書面の確定・・・A4で2枚 600部(1200枚)+200部
(200部は福祉の祭り他で使用)
印刷は室谷さん、装丁・袋詰めは8/22日19時より役員にて分業する。
事前に使用ロゴは渡辺、封筒は小川さん、カラーコピーは栗田さんが担当。
静岡市役所、清水区役所配達者は未定(8月末日までに決定)
・中部サミット参加について・・・4名確定について(小川・杉浦・鈴木・長瀬)
・延期になっていた富山LRT見学について・・9月23日実施。
現在の参加予定者・・小川、栗田、鈴木、清水、室谷、渡辺の6名
当日の朝5時に清水出発〜富山10時〜14時〜清水19時帰着予定
参加費¥5000 前後  次回定例会の9月11日まで申し込み受け付ける。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年7月31日 アンケート活動について
7月31(木)に清水区役所のまちづくり振興課山梨主幹と小川会長を交えアンケートの具体的
配布方法、用紙の大きさ制限などについて打ち合せしてきました。
結果
@日程・・・毎月10日に自冶会長会があり、そこで説明し配布協力を得るためには
8日までにアンケート用紙を総て届けなければならない。
Aアンケート用紙の届け先・・・静岡市役所17階生涯学習推進課の各自冶会行きの棚が
 20ブロックあるので、区分けして入れておく。
B配布先数・・・281町内会で男女各2名を対象とした場合=562部
さらに、まちづくり振興課に30部を持参してほしいとのこと。合計592部、約=600部
※ アンケート用紙の大きさ・枚数制限はありません。
※ 少なくとも8月末までに印刷を完了し、封筒などを準備、仕分け作業の必要あり
参考 
20自冶会・・・・・辻地区 江尻 入江 浜田 岡 船越 清水 不二見 駒越 折戸
         三保  飯田  高部  有度  袖師  庵原  興津  蒲原
         両河内 小島
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年7月25日 LRTで結ぶ会 役員会 はーとぴあ清水 19時〜21時
出席者 小川 清水 杉浦 鈴木 片瀬 横沢(圭) 横沢(祥) 北本 室谷 渡辺
・8月23、24、25日の中部サミット参加について・・まだ連絡がない。
・福祉まつりの説明会に8/21出席片瀬さん。
・福祉まつりの際のアンケート方法等
・市役所都市計画課訪問の成果報告(小川会長)
・アンケート用紙の具体化(内容・印刷部数等)の結論は次回例会にて。22町内会。
具体的にはまちづくり振興課と相談へ。
・第3回 人と環境にやさしい交通をめざす全国大会in横浜の紹介 12月6日開催
・パソコン購入の延期保留
・次回役員会は8月22日
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年7月10日 LRTで結ぶ会7月例会 はーとぴあ清水 19時〜21 時
出席者 小川、鈴木、清水、栗田、杉浦、杉山、梅原、横沢祥、横沢圭、伏見、栗山、渡辺
・LRTで結ぶ会の推す路線の明確化を急ぐ・・・・例会の最優先課題とする。
・ふくしのまつり申し込みについて・・・鈴木さんが対応。
・市役所都市計画課訪問・・・7月14日9時〜に急遽変更。
・今までの勉強会について・・・集団勉強会を一時中断し個々の勉強とし、貴重な時間を最優先課題の討議
時間に充てる。
・アンケート配布体制の具体化・・・人材を割り当て具体的な行動に移す。
・会報製作・・・今年度会報の製作スタッフを割り当てる。
・富山LRT見学・・・・タイミングを図って早々に時期を定める。
・次回の例会を特別に第一木曜日に設定した。8月7日19時〜とする。場所:はーとぴあ清水。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年6月27日LRTで結ぶ会 役員会議事録 はーとぴあ清水 19時〜21 時
出席者 小川会長 杉浦、北本、鈴木、片瀬、渡辺(敬称略)
・アンケートの件・・・新自冶会長との打ち合せ結果
・清水みなと祭り参加を見送り、福祉祭りに参加する予定
・静岡市市民活動センター条例改正についてのアンケート及び清水市民活動センターの運営アンケートの返信
について、前記は杉浦さん、後記は小川会長が返信する。
・富山、高岡LRT見学旅行について・・当初日帰り計画をたてたが一泊2日が無理がなくてよいのではという意見
次回の例会までに詰めたい意向。
・会員への連絡体制強化について・・インターネットメール、携帯メール併用の準備
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
2008年6月21日 LRTで結ぶ会総会議事録
開始 13時30分 はーとぴあ清水にて
@開会の言葉A会長挨拶B議長選任
討議事項 @平成19年度の報告 A会計報告 B平成20年度の計画 C予算案 D役員改選 E会則の一部変更
議長解任 閉会の言葉
休憩をとり 研究会として テーマ「環境と街づくり」 講演「LRTで街を変えよう」  討論会「環境と街づくり」
終了
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
LRTで結ぶ会 第35回 平成20年 3月 定例会報 告
日時 3月13日(木)19〜21時  会場 はーとぴあ清水
出席者 梅原、小川、片瀬、北本、栗山、杉山、鈴木、伏見、室谷、山内、横澤祥、横澤圭、
渡辺(五十音順、敬称略)
進行担当 鈴木康之(清水代理)  書記 伏見知子(杉浦代理)
会長挨拶
  3/4 商工会議所勉強会第一回にこの会からは小川、小澤博、清水、室谷、横澤(五十音順、敬称略)が
オブザーバーとして出席させて頂いた。
はごろも缶詰の会長、杉山公一会頭以下20名程出席していた。国交省の説明は資料と話しのみで、映像の
使用はなかった。
良い雰囲気。質問の中、否定的なものもなくはないが、専務は積極的。国交省もその様子であった。
商工会議所五カ年計画の実施したい事業の中に、LRTが含まれている。この会の活動を商工会議所で
披露させてもらえそうだ。
国交省は、街作りとの関連、そして市民の合意がなければ線路だけひいても仕方ないとのこと。
富山の話題が多く出た。
参加者の感想
 国交省の説明は以前から分かっていることが殆どだったが、発言が許されるなら、いろいろと
聞いてみたいことはあった。ダボス会議での約束は重要で、公共交通機関見直しへの流れは必須である。
 導入計画策定部会から
1.海外の事情をビデオで鑑賞
 NHK衛星放送でのドイツ・フライブルクのLRTを取材した番組を鑑賞。
 ・ロンドンでも市街地の自動車を規制するようになった。進入禁止ゾーンに入ると渋滞税をとられる。
 
2.アンケート調査について
 定例会での意見をもとに作られたアンケート案と、アンケート実施についてのお願いの文章が提出された。
実際にアンケートに回答してみた。
感想
・ 簡単に答えられる方がよい。あらかじめ選択肢を作ったほうがよい。
・ はじめから年齢を直接問うのもどうか。
・ 所要時間や、交通費(燃費)の計算は時間がかかるので、簡単にできる方法はないか。
その他
これからの会について考えてゆく必要がある。どうしたらうまく継続ができるのか。欲張りすぎず、出来る
範囲でやってゆく方法もあるのでは?
勉強会は次回に延期。
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第34回 平成20年 2月 定例会報告 日時 2月14日(木) 19〜21時 会場 はーとぴあ清水
出席者 小川、片瀬、北本、栗山、杉山、伏見、村松、室谷、山内、横澤祥 横澤圭、
渡辺、(五十音順、敬称略)
  進行担当 北本  書記 伏見 
会長挨拶
議題
1 ボランティアフェスティバル(2月3日)参加者の感想
・ ボランティアフェスティバルの記録が撮れなかった。
・ チラシは200枚配布。
・ プレゼンテーションの感想を聞いてみたかった。
・ 動画が効果的である。
・ プレゼンテーションの練習会がほしい。
・ プレゼンテーションを例えば講談風や漫才のように(「LRT一座?」)工夫したらどうか。
子供向け、高齢者向けも必要では? 
2 RACDA高岡交流会感想冊子を踏まえての意見交換
・ 流石あれだけの短時間で、清水をよく見てくれている。
・ 指摘してもらったところを実際皆でよく見てみたら良いと思う。
・ 小林さんの意見が興味深い。
・ 今ある静鉄のホームの利用の仕方、方法を教えてくれた。
・ 街全体のデザインをどうするのか、イメージを持つか持たないかで大きく変わりそうだ。
・ 大きなレベル(清水・静岡ではなく例えば県全体)で捉えるべきではないか。
・ 会員からアンケートを採った方が良いのではないか。認識すべき点、そうでない点等。
・ 電車が走ったら車はどこを走ったら良いのか。走れなくなるのではと不安がる人がある。
・ 昔の自転車並に皆が車を所有し、無駄な乗り方が多いはず。車一台につき人一人乗って
いるのが大半である。
・ 車を手放す気はないが、明らかに無駄だと分かる乗り方をすべきでない。車との共存の仕方を考える。
・ 世界には車を減らす為のいろいろな取り組みがなされ、工夫されている。
・ よその人とのふれ合い。心の問題。同居していても仕事をしていれば皆独りで生活しているようなもの。
電車に乗ればいろいろな場面に遭遇し、考える材料が増える。人が優しくなれる。
(ベビーカーの上げ下げ等を手伝う姿は海外ではごく当たり前に見られる光景。)
・ 目先のことと、将来のこと、両方を考えてゆく。
・ 理論武装だけが大切ではない。例えば市民が先回りして経済のことまで考えなくても良い。
・ 車のない生活を知らない人が多すぎる。
・ 電車ならではの時間の正確性、安全性・・・
・ 富士の毘沙門天に行ったが、駐車に時間がかかり、電車で行けば良かったと思った。
・ 具体論を出してゆくと、核心に近づける。
・ 模擬討論会。ディベートをしてみてはどうか。
・ 電車が走れば街が活性化すると思うが、街がきれいになって賑やかになることが先だという人がいる。
卵が先か鶏が先か・・・・
・ 車に乗らず、清水銀座、駅前銀座へ行ってみた。歩いてみて面白かった。(久しぶりに新鮮だったことはあるが)
・ 車は乗らないが、清水を歩いていて面白くない。アーケードが暗い。よっぽど呉服町の方が良い。
・ LRTが清水に走ったら、絶対皆が乗ると思う。
・ 三島の広小路はシャッター通りどころか、人通りが必ずある。三島駅からは少し距離があるのに、
伊豆箱根鉄道があるからか?駐車が恐ろしく不便であるからか?
・ 地元の商店街で買い物ができる利点は何と言っても日常品が安心・安全に買えること。
商店街の活性化にはいくつか考えがある。
・ 買い物客だけでなく、通勤者、通学者との共存も考える。
・ 観光客の視点、そこに生活する市民の視点の両方も考えるべき。
3 どうする?鉄道の未来
  Q15 交通の確保は行政の仕事ではありませんか?
・ 地域住民が行政に要求するべきで、行政任せにしてはいけない。この会の存在意義が書かれている。
その他
・ 静岡新聞記事(渡辺会員から)
・ 商工会議所の第一回勉強会がある。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
LRTで結ぶ会 第33回 平成20年 1月 定例会 
日時 1月 10日(木)19〜21時 会場 はーとぴあ清水
出席者 梅原、小川、片瀬、北本、清水、杉山、鈴木、伏見、山内、山名、
横澤圭、渡辺、和田(五十音順、敬称略)
進行担当 横澤圭子  書記 伏見知子 配布物 静岡新聞(1/6掲載記事)、
シミズ毎日(1/1)、RACDA高岡交流会記事、お出掛けは電車で(新聞記事)RACDA高岡からの
交流会感想文集、パリの路面電車トラム(次号会報掲載予定)
会長挨拶  新年のあいさつ  ・RACDA高岡から交流会の感想文を頂いた。ぜひお読み頂きたい。
・ 草薙駅のホーム等、電車に多くの人が興味を持ちそうなパンフレットが置かれている。
大成高校の学生が作った商店街の案内がよくできていた。
議題
1.1/6の静岡新聞掲載記事について
  会長から  1/6の静岡新聞掲載記事について静岡新聞に問い合わせた。 
  ・国交省が出す助成金について、有効な使われ方をしているかどうかの調査している。
   ・記事中の総額30億円とは、全国の市町や住民らが主体の実証運行にとのこと
  ・調査検討会の構成員は、民間から 静鉄、ドリームフェリー、ドリームプラザ 他は県港湾関係など。
会員から意見
  ・清水がこれだけ衰退しても議員にはかわされてしまうことばかりだが構わず訴えるべき。
  ・データを出して積極的に提案してゆかないか。 
 ・清水区の自治会でアンケートを行ってもらえるよう要請したい。
  (導入計画策定部会から) どこが不便である、どこに足を確保したい、など。この会の宣伝にも 
   なる。   賛成多数 ・回覧板で回すのか?集計が困難。町内で3人程?組長さん?
 アンケート案
・ 年齢
・ 職業(自営業・会社員・学生・その他)
・ 性別
・ 町名(自治会名)
・ 利用している交通手段
  徒歩・自転車・電車(JR・私鉄)・バス・タクシー・車 (複数回答可)
・ 使用頻度
・ 所要時間
・ 金額
・ 利用目的(通勤・通学・買い物・銀行・図書館)
・ 公共交通機関を利用しますか? 最後に利用したのはいつですか?
・ 今の公共交通機関に満足ですか? (満足・不満)
・ どんなところが不満ですか?
・ 新しい交通機関に希望はありますか・
・ あなたのお子さんを独りで乗せられますか?自分で考え行動する子供にしませんか(したいですか?)
その他付随意見
・ JR清水、新清水の不便さ
・ 三保街道 電線が景観を汚している(縞模様の富士山)
・ 日本平までバスも出ていない。(静岡側のみ)
・ 子供に小旅行を電車でさせたい。
・ 子供料金は無料
・ 賛成していない人も一度乗ったらまた乗りたくなるはず。
2.2月3日 ボランティアフェスティヴァルについて
・去年同様だが、参加団体多数のため展示スペースは去年の半分。
  ・チラシ作成は村松さんからデータが片瀬さんに渡された。印刷は鈴木
   副会長が遠藤さんに依頼する。
  ・駐車場ははーとぴあ、一中グラウンド、静岡銀行等十分ある模様。
  ・展示準備は8時から
  ・集合時刻等詳細は鈴木副会長から連絡される。
勉強会
Q14 第3セクターにすると赤字になりませんか?
  第3セクターのイメージは確かに悪いし、成功例を聞かないが、利点と弱  
  点をよく分かってからやるべきである。採算性のみを追求する民間経営も
  良くはない。
その他
・ RACDA高岡からの交流会の感想文がとてもよく書いてくれている。
ぜひ次回話し合いをしたい。
・ 街中歩こう会を皆でしませんか。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++